アテノロール錠25mg – アテノロール錠25mg「日新」│お薬事典│アテノロール錠25mg …

アテノロール錠25mg「トーワ」の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。けん怠感、呼吸困難、全身のむくみ [心不全、心胸比増大]。徐脈、脈がとぶ、意識障害 [徐脈、房室ブロック、洞房ブロック]。

アテノロール錠25mg「トーワ」(一般名:アテノロール25mg錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は

アテノロール錠25mg「日新」の主な効果と作用. 血圧を下げるお薬です。 脈の乱れ(不整脈)を整えるお薬です。 心臓に働いて血液の拍出量を減らし、血圧を下げ、心臓の負担を少なくする働きがあります。

アテノロール錠25mg「サワイ」について薬剤師が解説します。効果・副作用・妊娠中や子供の服用の注意点、同じ成分の薬も掲載。アテノロール錠25mg「サワイ」についてわからないことがあれば薬剤師に無料で相談することもできます。

アテノロール錠25mg「NP」及びアテノロール錠50mg「NP」は、日本薬局方外医薬品規格第三部に定められたアテノロール錠の溶出規格に適合していることが確認されている。 3) 有効成分に関する理化学的知見. 一般名 アテノロール(Atenolol) 化学名

アテノロール錠25mg「日新」及びアテノロール錠50mg「日新」は、それぞれ日本薬局方外医薬品規格第3部に定められたアテノロール25mg錠又はアテノロール50mg錠の溶出規格に適合していることが確認されている。 有効成分に関する理化学的知見. 一般名

アテノロール錠25mg「サワイ」 :1錠中に日局アテノロール25mgを含有する。 添加物として、グリセリン、酸化チタン、ステアリン酸Mg、ゼラチン、炭酸Mg、トウモロコシデンプン、ヒプロメロース、マクロゴール6000、ラウリル硫酸Naを含有する。

アテノロール錠25mgは、「含量が異なる経口固形製剤の生物学的同等性試験ガイドライン(平成18年11月24日 薬食審査発第1124004号)」に基づき、アテノロール錠50mgを標準製剤とした時、溶出挙動が等しく、生物学的に同等とみなされた 1) 。

アテノロール錠25mg「タイヨー」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ2錠(アテノロールとして50mg)健康成人男子に絶食単回経口投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果

[PDF]

錠50㎎ 22400AMX00764 2013年10月 1992年7月 薬価収載 販売開始 処方せん医薬品注1) 日本標準商品分類番号 872123 アテノロール錠25mg「NP」 アテノロール錠50mg「NP」 2014年2月作成(第1版)

テノーミン錠25~50 通常成人はアテノロールとして50mgを1日1回経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最高量は1日1回100mgまでとする。

アテノロール錠25mg/50mg「NP」 販売中止品 2018年05月25日 包装変更 アテノロール錠50mg「NP」 包装変更(個装箱等)のご案内

アテノロール錠25mg「サワイ」(沢井製薬株式会社)のお薬情報です。主成分や効能、使用上の注意、副作用などについてまとめています。お薬のことを知って、正しく使いましょう。【HelC+(ヘルシー) 処方薬お薬検索】

[PDF]

錠25・50につきまして、取り扱いを中止し、新たに日新製薬株式会社 のアテノロール錠25㎎・50㎎「日新」を販売することとなりましたのでご案内申し上げます。 当分の間、新旧製品が混在することになり、何かとご迷惑をお掛け致しますが、ご寛容賜り、

[PDF]

アテノロール錠25mg「ツルハラ」 通常成人には2錠(アテノロールとして50mg)を1日1回 経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最 高量は1日1回4錠(100mg)までとする。 アテノロール錠50mg「ツルハラ」

[PDF]

アテノロール錠25mg「トーワ」の粉砕後の安定性試験 アテノロール錠25mg「トーワ」は、アテノロール錠50mg「トーワ」と素錠部の有効成分及び添加物 の組成比が等しいことから、粉砕後の安定性につきましてはアテノロール錠50mg「トーワ」の結果

[PDF]

アテノロール 25mg アテノロール錠 25mg「NikP」 アテノロール 50mg アテノロール錠 50mg「NikP」 外観性状 シート 識別コード 外 形 品 名 側 面 厚さ(mm) 上 面 直径(mm) PTP O.S – M25 白色 フィルムコー ティング錠 約3.2 約7.1 アテノロール錠 25mg「NikP」 PTP O.S – M50 白色

ファイザー株式会社の医療従事者向け「製品情報サイト」です。アテノロール錠25mg「ファイザー」の添付文書、インタビューフォームなどの各種製品情報を掲載しています。

アテノロール錠25mg「NikP」及びアテノロール錠50mg「NikP」は,日本薬局方外医薬品規格第3部に定められたアテノロール錠(25mg錠,50mg錠)の溶出規格に適合していることが確認されている。

[PDF]

アテノロール錠25mg「JG」の場合 通常成人には2錠(アテノロールとして50mg)を1日1回経 口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最高量は1日1回 4錠(100mg)までとする。 * * アテノロール錠50mg「JG」の場合

[PDF]

4錠(アテノロールとして100mg)までとする。 アテノロール錠50mg「タイヨー」 通常成人には1錠(アテノロールとして50mg)を1日1回経口

アテノロール錠25mg「日新」(血圧を下げたり、頻脈や狭心症の症状を改善するお薬です。 )について主な作用 副作用 用い方と注意点を説明します

アテノロール錠25mg「トーワ」 個装箱デザイン変更(PTP100錠、B198(2018/7)) 2012年10月30日 トーワミン錠25 ラベルデザイン等変更(バラ1000錠、B115)

医薬業界関係者のための薬価検索サイト「薬価サーチ」です。

アテノロール錠25mg「トーワ」及びアテノロール錠50mg「トーワ」は、日本薬局方外医薬品規格第3部に定められたアテノロール錠の溶出規格にそれぞれ適合していることが確認されている 3) 4) 。

【要薬監証明】テノーミン 25 (アテノロール) 25mg 14錠. 340 円!! 交感神経β受容体遮断作用による抗高血圧薬!脳から発せられる信号の受信機となる心臓内のβ受容体を阻害することによる血圧を降下!

アテノロール錠25mg「タイヨー」の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。胸痛、脈拍異常、呼吸困難 [徐脈、心不全、心胸比増大、房室ブロック、洞房ブロック]。意識がうすれる、立ちくらみ [失神を伴う起立性

沢井製薬株式会社の医療関係者向け総合情報サイトです。【アテノロール錠25mg「サワイ」(テノーミン錠25のジェネリック医薬品)】に関する製品詳細情報をご紹介します。添付文章、インタビューフォーム、くすりのしおり等資料もご覧になれます。

[PDF]

商品名:アテノロール錠25mg「ツルハラ」 主成分:アテノロール(Atenolol) 剤形: 白色の錠剤、直径約6.6mm、厚さ約3.8mm シート記載: アテノロール25mg、25mg、アテノロール、ATENOLOL25mg この薬の作用と効果について

アテノロール錠25mg「サワイ」と標準製剤を健康成人男子にそれぞれ1錠(アテノロールとして25mg)空腹時単回経口投与(クロスオーバー法)し、血漿中アテノロール濃度を測定した。

アテノロール錠25mg「トーワ」(血圧を下げたり、頻脈や狭心症の症状を改善するお薬です。 )について主な作用 副作用 用い方と注意点を説明します

β受容体遮断作用により血圧を低下させ、また心拍数を下げて狭心症の発作を予防し、頻脈性不整脈を抑制します。通常、本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、頻脈性不整脈(洞性頻脈、期外収縮)の治療に用いられます。

ファイザー株式会社の医療従事者向け「製品情報サイト」です。アテノロール錠25mg「ファイザー」の添付文書、インタビューフォームなどの各種製品情報を掲載しています。

アテノロール錠25mg「サワイ」と標準製剤を健康成人男子にそれぞれ1錠(アテノロールとして25mg)空腹時単回経口投与(クロスオーバー法)し、血漿中アテノロール濃度を測定した。

アテノロール錠25mg「ツルハラ」は不整脈用剤に分類されるお薬です(※ジェネリック医薬品です)。「不整脈用剤」は不整脈を規則的にして、治療するお薬です。アテノロール錠25mg「ツルハラ」の情報は現在調査中です。(厚労省コード:2123011f1015)

テノーミン25mgは、血圧を低下させるお薬です。通常、本態性高血圧症(軽症〜中等症)、狭心症、頻脈性不整脈などの治療に服用されています。高血圧、狭心症のお薬通販なら個人輸入代行ベストケンコーにご注文ください。全国配送保障の安心個人輸入代行サービスです。

アテノロール錠25mg「イセイ」 通常成人には2錠(アテノロールとして50mg)を1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最高量は1日1回4錠(100mg)までとする。

アテノロール錠25mg「NP」 アテノロール錠25mg「ファイザー」 アテノロール錠25mg「トーワ」 アテノロール錠25mg「日医工」 アテノロール錠25mg「JG」 アテノロール錠25mg「イセイ」 アテノロール錠25mg「ツルハラ」

[PDF]

アテノロール錠25mg「ファイザー」 通常成人には2錠(アテノロールとして50mg)を1日1回経口 投与する。 なお、年齢、症状により、適宜増減できるが、最高量は1日1回 4錠(100mg)までとする。 アテノロール錠50mg「ファイザー」

[PDF]

は1日1回4錠(100㎎)までとする。 アテノロール錠50㎎「トーワ」: 通常成人には1錠(アテノロールとして50㎎)を1日1回経口 投与する。なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最高量 は1日1回2錠(100㎎)までとする。 【用法・用量に関連する使用上の

アテノロール錠25mg「JG」について薬剤師が解説します。効果・副作用・妊娠中や子供の服用の注意点、同じ成分の薬も掲載。アテノロール錠25mg「JG」についてわからないことがあれば薬剤師に無料で相談することもできます。

テノーミン錠25を服用されている方に質問です>< 先日、循環器科の病院で頻脈性不整脈と診断され、テノーミン錠25という薬を処方されました。朝1錠です。昨日の朝はじめて服用し、会社へ出勤したところ、副作用なのかめ

通常成人には1錠(アテノロールとして50mg)を1日1回服用します。なお、年齢、症状により、医師の判断で増減できるが、最高量は1日1回2錠(100mg)までとします。 テノーミン錠25の場合 : 通常成人には2錠(アテノロールとして50mg)を1日1回服用します。

私たちが医療機関で処方される医療用医薬品には、主に「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の2種類があります。新薬は、その名の通り新しい有効成分・使い方が開発され1番目に発売される薬のこと。一方でジェネリック医薬品は、新

[PDF]

アテノロール錠25㎎「イセイ」の場合 通常成人には2錠(アテノロールとして50mg)を1日1 回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減できる が、最高量は1日1回4錠(100mg)までとする。 アテノロール錠50㎎「イセイ」の場合

イリナトロン錠 25mg. ジクロフェナクナトリウム. 名称変更. ジクロフェナク Na 錠 25mg 「 TCK 」 平成 26 年 6 月 20 日. カテノミン錠 25. アテノロール. 名称変更. アテノロール錠 25mg 「 JG 」 (統一名収載) カテノミン錠 50. アテノロール. 名称変更. アテノロール

アテノロール(Atenolol)はβブロッカーと称される薬物の一つで、交感神経の β 1 受容体 (英語版) に対する拮抗作用を示す。 主として心血管疾患の治療に用いられる。 商品名テノーミン。高血圧治療におけるプロプラノロールを置き換える医薬品として開発され、英国で1976年に承認された:1

アテノロール錠25mg「日医工」(一般名:アテノロール25mg錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は

[PDF]

アテノロール錠 25mg「日医工」 108 6.6 3.2 770 770 アテノロール錠 50mg「日医工」 214 8.1 3.9 769 769 【組成・性状】 1.組 成 アテノロール錠25 「日医工」 1錠中アテノロール25mgを含有する。

同効薬リスト(承認されている効能・用法が異なることがありますので ご注意ください)

アテノロール (テノーミン ジェネリック)