アイファガン 神経保護作用 – 緑内障の点眼液

アイファガンの持つ神経保護作用とは? アイファガンの特徴の1つに神経保護作用があります。 . 神経保護作用とは、その名の通り目の神経を保護する作用のこと。 眼圧が上がれば、視神経や目に栄養を送る神経も圧迫して傷つけてしまいます。 アイ

またアイファガン点眼液には神経保護作用も期待できることから眼科の医師の間では注目される薬剤です。 アイファガン点眼液がどのように眼圧を下げるのか? 作用機序について解説していきます。 作用

アイファガンは、アメリカでは1996年から長期に使用されている安全性の高い緑内障治療薬です。 眼圧低下作用のみでなく、 視神経保護作用 があるとも言われており、緑内障による視野狭窄の進行も遅らせる効果が期待できます。

アイファガン(ブリモニジン)の作用機序:緑内障治療薬 . 視野が狭くなっていき、少しずつ視力が失われてしまう病気として緑内障が知られています。緑内障は失明原因の上位であるため、適切な治療を行わなければ目が見えなくなってしまいます。

[PDF]

を対象とした臨床試験を開始し,2012年1月にアイフ ァガン® 点眼液0.1%として承認された. アイファガン® 点眼液0.1%は,これまでの緑内障・ 高眼圧症治療薬にないアドレナリンα 2受容体に対す る選択的な作動作用による房水産生の抑制およびぶど

Cited by: 4