現住建造物等放火 – 非現住建造物等放火罪|横浜の弁護士による無料相談|横浜ロー …

概要
概要

現住建造物等放火罪(げんじゅうけんぞうぶつとうほうかざい)は、人が現に住居に使用しているか、または現に人のいる建造物等(建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑)を放火により焼損させることを内容とする犯罪である(刑法108条)。 本罪では条文上、具体的な公共の危険の発生が要件

法律・条文: 刑法108条

現住建造物等放火に関する記事一覧ページ です。

現住建造物とは非現住建造物等放火罪(ひげんじゅうけんぞうぶつとうほうかざい)とは、刑法に規定された犯罪類型の一つ。放火して非現住建造物等を焼損し、よって公共の危険を生じさせた場合に成立する(刑法109条第1項)。法定刑は2年以上の有期懲役。

現住建造物等放火罪について; 現住建造物等放火罪の時効; 刑法108条 条文. 放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑を焼損した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。 今すぐ相談

放火罪にはいくつか種類があり、放火対象によって罰則が異なります。ここでは放火罪の罰則を放火対象別に、現住建造物等放火罪から延焼罪、未遂罪、放火対象が自己所有、他所有の違いまで解説していきます。ぜひご覧ください。

放火罪の裁判例にはどんなものがあるでしょうか。放火罪は放火した対象などにより罰則が異なります。この記事では放火罪の具体的な裁判例、逮捕事例をご紹介しましょう。また放火未遂で不起訴・起訴猶予になった事例、放火罪の罰則についても解説していきます。

条文 [] (現住建造物等放火) 第108条 放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑を焼損した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。

刑法について質問です。 例えば、殺人を犯したあと、被害者宅を放火した場合と、現住建造物に火をつけ、そのあとに住居者を殺害した場合、それぞれの罪刑はどうなるのでしょうか。罪が重い刑罰に吸収されるのでしょうか?回

Read: 4637
[PDF]

放火罪に関連する用語 裁判員裁判対象事件の1つとして,現住建造物等放火罪(刑法第108条)があります。 似た犯罪として,非現住建造物等放火罪(刑法第109条)がありますが,これは対象事 件ではあり

現住建造物等放火罪(げんじゅうけんぞうぶつとうほうかざい)は、人が現に住居に使用しているか、または現に人のいる建造物等(建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑)を放火により焼損させることを内容とする犯罪である(刑法 108条)。

現住建造物等放火罪の法定刑は,死刑又は無期若しくは5年以上の懲役です(刑法第108条)。 非現住建造物等放火罪の法定刑は,2年以上の懲役です(刑法第109条)。 建造物等以外放火罪の法定刑は,1年以上10年以下の懲役です(刑法第110条1項)。

非現住建造物等放火罪. 人が住んでいない建造物に放火した場合、非現住建造物等放火罪として「2年以上の有期懲役刑」に該当します。この建造物が放火した人物の所有物であった場合は、「6ヶ月以上7年以下の懲役」になります。

非現住建造物等放火罪について; 非現住建造物等放火罪の時効; 刑法109条 条文. 放火して、現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいない建造物、艦船又は鉱坑を焼損した者は、2年以上の有期懲役に処する。 2 前項の物が自己の所有に係るときは、6月以上7

ですが、放火罪は刑法総論等に比べて比較的に理解しやすい論点が多いため、暗記中心の勉強になることが多いです。 建造物等以外放火罪における公共の危険の認識の要否というと、「はいはい。出ました典型論点」とか思う人が多いです。

非現住建造物等放火罪(ひげんじゅうけんぞうぶつとうほうかざい)とは、刑法に規定された犯罪類型の一つ。 放火して非現住建造物等を焼損し、よって公共の危険を生じさせた場合に成立する(刑法109条第1項)。 法定刑は2年以上の有期懲役。. 本罪の犯罪が成立するためには公共の危険が

主体: 人

殺人と放火ってどっちが重い罪なんですか? 日本の法律では 放火にもいろいろありますが、現住建造物等放火は殺人と同等です。その他の放火と比べれば殺人の方が重いです。刑法(現住建造物等放火)第108条 放火して、現に

Read: 9566

現住建造物等放火罪と殺人罪 京都府亀岡市在住のAさん(45歳)は、一緒に暮らす妻と息子を道連れに焼身自殺をしようと、深夜、自宅に火を放ち、自宅と離れを全焼させました。 その時、眠っていたAさんの妻と息子は火事になっていることに気付かず、一酸化炭素中毒によって死亡してしまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 放火罪の用語解説 – 火を放って建造物その他の物件を焼燬 (しょうき) する犯罪。火力によって不特定多数の生命,身体,財産に対し危険をもたらす点で,公共危険罪の典型とされる。日本の刑法では,放火の客体によって,現住建造物等放火罪 (108条

殺人,殺人未遂,現住建造物等放火被告事件 裁判年月日 1 妄想性障害に罹患していた被告人が実行した殺人,殺人未遂等の事案につき,事理弁識能力及び行動制御能力が著しく低下していたとまでは認められないとする原判決が是認された事例

現住建造物等放火未遂とは?

Dec 08, 2018 · 【大東市の現住建造物等放火事件】少年が逮捕 少年事件に強い弁護士 – 大阪で刑事弁護と少年事件は大阪支部のある弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

現住建造物等放火,殺人,殺人未遂被告事件 裁判年月日 最高裁判所第三小法廷 裁判種別. 判決 . 結果. 棄却 . 判例集等巻・号・頁 . 集刑 第319号1頁 死刑の量刑が維持された事例(大阪パチンコ店放火殺人

放火とは、火力を不正に使用して、建造物その他の物件を焼損する行為をいいます。放火の罪は、不特定多数の公衆の生命・身体・財産を危険にさらす犯罪であり、社会法益に対する罪とされています。刑事専門弁護士が、放火事件でお困りの方をサポートします。

以上が、現住建造物等放火罪の概要です。細々検討してきましたが、近隣住民に頭にきて、家を燃やしてやろうと思い立ち、家屋に火を付け半焼でもすれば、確実に現住建造物等放火罪が成立することにな

今回の事案では、このようなエレベーターへの放火でも、「現住建造物等」放火罪にあたるのかが問題となりました。 場所は、99名が住む鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根12階建てマンション。

非現住建造物等放火罪(ひげんじゅうけんぞうぶつとうほうかざい)とは、刑法に規定された犯罪類型の一つ。放火して非現住建造物等を焼損し、よって公共の危険を生じさせた場合に成立する(刑法109条第1項)。法定刑は2年以上の有期懲役。

現住建造物等放火罪は、財産罪的性格を有する、典型的な公共危険罪です。 現住建造物等放火罪は、抽象的危険犯なので、客体を焼損すれば成立し、公共の危険を現実に発生させる必要はありません。

【弁護士ドットコム】 現住建造物等放火で4名の方が亡くなるという事件がありましたが、これは犯人の父親に相当程度同情に値するような動機

非現住建造物等放火罪とは、放火して、現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいない建造物等を焼損する犯罪です。. 刑法109条に規定されており、目的物の建造物等が他人所有の場合が109条1項の他人所有非現住建造物等放火罪で、自己所有の場合が109条2項の自己所有非現住建造物等放火罪

非現住建造物等放火罪で逮捕されたら – 刑事弁護と少年事件のみを扱う弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へお任せ

名古屋エリア(愛知・岐阜・三重)の刑事事件・刑事弁護に強い、接見・面会に即日対応の弁護士法人中部法律事務所の弁護士相談サイト。30分無料相談受付中。 罪名集、各犯罪の法律・条文・刑罰など解説・説明。現住建造物等放火罪とは、放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる

【弁護士ドットコム】 現住建造物等放火で4名の方が亡くなるという事件がありましたが、これは犯人の父親に相当程度同情に値するような動機

東京都墨田区の現住建造物等放火・殺人未遂事件 刑事事件専門の弁護士 東京都墨田区在住のAさんは、自宅に火をつけ、妻のVさんを殺そうとしました。 Aさんは、自宅の一室に火をつけたのですが、火は思ったより燃え広がらず、同室約1平方メートルの範囲が燃えた段階でVさんによって火が

不燃性建造物に対する放火(最判平成 1 ・ 7 ・ 7 、百選(第6版) 83 事件、百選(第7版)81事件) [事実の概要]被告人は、集合住宅である鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根 12 階建マンション内部に設置されたエレベーターのかご内で火を放った。. この放火はライターで新聞紙等に点火し、これを

東京都渋谷区にある明治神宮で昨年11月、敷地内の倉庫に放火したとして、目黒区の会社員の男が、非現住建造物等放火と建造物侵入容疑で逮捕されました。なぜこのような犯行を行ったのでしょうか。犯行の動機など調べてみました。

刑法では「放火及び失火の罪」として、第108条から第118条に規定されています。 以下に簡単にまとめます。 ・第108条(現住建造物等放火罪)実際に人が住居として使用しているか、人が中にいる建造物等に放火して焼損させる罪。

よって、有毒ガス等の発生は放火罪の予定する公共の危険とはいえず、これらについて「焼損」ということはできないと解する。 1- 2 非現住建造物等放火罪(109条) ⑴他人所有の非現住建造物等放火(1項) 構成要件:

事件の概要 3月3日午前9時45分頃、千葉県八千代市の倉庫で火災が発生しました。 家事の勢いは凄まじく約7時間にわたり燃え続け、約600平方メートルが全焼しました。 この火事で出火直前に倉庫へ出入りしていた派遣社員の前田翼非現住建造物等放火の疑いで逮捕されました。

自己所有に係る非現住建造物等や建造物等以外の放火による罪を犯し、よって現住建造物等や(他人物)非現住建造物等に延焼させた場合は、3月以上10年以下の懲役が科されます(刑法111条1項)。

第108条(現住建造物等放火罪) 放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑を焼損した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。 この第108条が最も重い量刑で、最高刑は死刑と定められています。

建造物等以外放火罪(けんぞうぶつとういがいほうかざい)とは。意味や解説、類語。現住建造物等放火罪・非現住建造物等放火罪が定める以外の物に放火し、公共の危険を生じさせる罪。刑法第110条が禁じ、1年以上10年以下の懲役に処せられる。放火した物が自分の所有物の場合は、1年以下

(非現住建造物等放火) 第109条. 放火して、現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいない建造物、艦船又は鉱坑を焼損した者は、2年以上の有期懲役に処する。 前項の物が自己の所有に係るときは、6月以上7年以下の懲役に処する。

非現住建造物等放火罪. 現在、人が住んでいない建造物に放火した場合は、非現住建造物等放火罪と言うことで「 2年以上の有期懲役刑 」に該当します。 この建造物が放火した犯人の所有物であった場合は、「 6ヶ月以上7年以下の懲役 」と罰が違ってきます。

現住建造物等放火罪 . 現住建造物等放火罪は、人の住居に使用している建造物、または現に人がいるその他の建造物、汽車、電車、艦船もしくは鉱坑を客体とする罪であり、人の生命、身体に対する危険性に着目し、特に重い法定刑が定められています。

大津地方裁判所平成18(わ)171等:現住建造物等放火,同未遂,非現住建造物等放火未遂,建造物等以外放火の目次を表示しています。原審や控訴審、上告審など関連する判例へのリンクや法律へのリンクから判例の中身をより良く知ることが出来ます。

現住建造物等放火罪(げんじゅうけんぞうぶつとうほうかざい)とは。意味や解説、類語。人が住んでいる住居や、人がいる建物・列車・船・鉱坑などに放火する罪。刑法第108条が禁じ、死刑または無期、もしくは5年以上の懲役に処せられる。現住建造物放火罪。

福岡県飯塚市の現住建造物等放火殺人事件 逮捕されたら少年事件に強い弁護士に初回接見. aさん(16歳)は、深夜にvさんの木造平屋の住居に火をつけて全焼させ、住人のvさんを死亡させました。

三重県松阪市の現住建造物等放火未遂で現行犯逮捕 執行猶予に強い弁護士 – 刑事弁護と少年事件のみを扱う弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へお任せください。

現住建造物等放火罪(刑法108条) 故意に放火した対象物が、現住建造物である場合です。現住建造物とは、 人が居住として使用している、もしくは人がいる建物や電車、新幹線等などを指します。 法定刑は「死刑/無期、もしくは5年以上の懲役」が問われ

現住建造物等放火罪とは、放火して、現に人が住居に使用し、または現に人がい る建造物等を焼損した場合に成立する犯罪です。. 現住建造物等放火罪は、刑法108条に規定があります。 現住建造物等放火罪の刑罰は、死刑、無期懲役、5年以上の有期懲役です。

現住建造物等放火 の疑いで逮捕されています。 事件当時は大阪府南部の商業施設などを転々として生活していたということです。 現場近くには谷口容疑者の実家があったが、 7年前に火事で焼失 しているそ

①10月26日午後5時ごろ、2階建ての自宅に放火し、家屋の一部を焼損. ②「出火当時は仕事に行っていた」と警察に報告. ③付近の防犯カメラの映像などから放火した疑いが強まる. ④11月22日、現住建造物等放火の疑いで逮捕

① 他人所有の 非現住建造物等放火罪 の場合. 他人所有の 非現住建造物等放火罪 の法定刑は 「2年以上の有期懲役」 です。 現住建造物等放火罪ほど厳しいものではありませんが、初犯であっても実刑判決の可能性がある厳しいものです。

現住建造物等放火事件は,裁判員裁判の対象事件です。裁判員裁判の弁護経験豊富な弁護士が味方になります。弁護の流れを弁護士が解説。無料相談実施中。代表は日弁連刑事弁護センター幹事。女性弁護士も在籍。安心してお気軽にご相談ください(新宿御苑前駅徒歩2分・大宮駅徒歩3分)。

現住建造物等放火罪 現住建造物等放火罪の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家

「放火」は,不特定・多数の人の生命や身体,財産に対して,火力によって危険を生じさせる罪ですので,刑法中でも比較的重い犯罪です。放火して逮捕された場合,「現住建造物等放火罪」「非現住建造物等放火罪」「建造物等以外放火罪」のどれかの罪に問われることになります。

デジタル大辞泉 – 現住の用語解説 – [名](スル)1 現にそこに住んでいること。また、その住居。「区域内に現住する総人口」「現住建造物」2 仏語。現在、この世にあること。3 寺院の、現在の住職。

【泉大津市の放火事件】現住建造物等放火罪で少年を逮捕 大阪の少年事件に強い弁護士 – 大阪で刑事弁護と少年事件は大阪支部のある弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所