台湾 リゾート 澎湖 ポンフー – 【台湾】隠れ観光スポット澎湖(ポンフー)を徹底調査!歴史を …

今回の台湾旅行ではリゾートアイランドの「澎湖諸島(ポンフー)」に行ってみました。 ニーハオ!離島マニアの編集長ショウロンポーです。 澎湖諸島(ポンフー)の行き方とおすすめ観光スポットをご紹

澎湖(ポンフー)諸島へ行ってみよう! 90の島々から成る諸島、人が住んでいるのはそのうちの19島。 大きく分けて3つのエリア(①澎湖本島②北海③南海)に区分されています。拠点としたのは澎湖諸島

ポンフー(澎湖)は、中華圏のWebサイトで「台湾のハワイ」と紹介される、台湾と中国大陸の間の海・台湾海峡に浮かぶ大小90の島々です。世界一の発行部数を誇る旅行ガイド『Lonely Planet』からも世界10大秘島のひとつに選出されています。日本人には未だ馴染みの薄いポンフーの魅力を全5回で

日本ではまだあまり知られていませんが、台湾には「澎湖諸島」(大小90の島々から成る離島) というリゾート地があります。観光のベストシーズン は4〜11月です。 「台湾のハワイ」と言われるだけあってきれいなビーチがたくさんあります。夏の海水浴にはもってこいの場所です (沖縄っぽいか

台湾最大の離島・澎湖(ポンフー)在住の日本人と澎湖生まれ澎湖育ちの台湾人がリアルタイムの旅行情報を紹介しています。 サイト内のご案内. ポンフー・ブルー(Penghu Blue):住在澎湖的日本人和澎湖人寫的日文澎湖導遊網站。

ニーハオ!! 台湾高雄在住日本人のイッセイ(@issei_tw)です。 我是住在台灣高雄的日本人一誠。 今回は台湾の澎湖(ポンフー)本島から、さらに船で行く離島・虎井島を紹介したいと思います。 虎井島観光ツアー 澎湖本島から南西にあり、船でおよそ20分の所にある島が虎井島です。

Source: Google map. 台湾海峽に位置する澎湖(ポンフー)は、台湾で唯一四方を海に囲まれた県。海底火山の噴火と長期間の海食作用によって形成された90の島からなるこの県は、緑や水産資源に恵まれた自然豊かなリゾート地として台湾人にも人気のスポットです。

澎湖の場所
クリックして Bing でレビューする11:45

Aug 16, 2019 · 台湾リゾート(澎湖)ポンフー島旅行Vol .1【台北夜市寄り道編】 [Taiwan Resort] Pon Fu Island Travel[Taipei night market trip] SS Travel Channel.

著者: SS Travel Channel

台湾のリゾート地・澎湖島(ポンフー) 澎湖島は台北から飛行機で1時間ほどの距離にある離島 。 海がとにかく綺麗な島です! 澎湖への行き方. 台北市にある松山空港からのみ飛んでます! 行き先は「馬公空港(mzg)」!

何度も訪れたことがある、というリピーターの方も多くいらっしゃることでしょう。台北で人気観光地やグルメを楽しむのも良いですが、ちょっと足を伸ばして、台湾の離島ビーチリゾート「澎湖(ポンフー)」に出かけてみてはいかがでしょうか。

台湾の澎湖(ポンフー)という離島で宿泊してきました!快適に宿泊できた「ホテルエバースプリング(澎湖長春大飯店)」と「フォーポインツ バイ シェラトン ポンフー(澎湖福朋喜来登酒店)」を紹介します。

澎湖島(ポンフー)おすすめ観光スポット20選. 台湾グルメ. 台湾旅行. ホテル. 香港旅行 台北おすすめグルメ 台湾の離島「澎湖島(ポンフー)」に行ってみた。行き方とおすすめ観光スポット20選!

にこまるツアー台湾旅行専門サイト。澎湖(ポンフー)の見どころ紹介。台湾嘉義県の西沖合にある離島。意外と歴史も古く史蹟や古民家、また玄武岩の織りなす風景、きれいな海と魚介類。台湾内ではリゾート地として有名です。

Aug 18, 2019 · 2019年8月お盆に、カップルで台湾のリゾートアイランド・ポンフー島(澎湖島)に行ってきました。 小さな島で、レンタルバイクで自由に島内を

台湾の離島に、「澎湖(ポンフー)」という島があります。青く澄んだ海と海風の心地よいこの島は、離島らしいのんびりとした時間の流れる、台湾のリゾート地の1つ。日本で例えるならば、沖縄に近いイメージでしょうか。中国語を勉強するために1ヶ月間留学していた私が、澎湖の美しく

台湾の主要都市から1時間以内で行くことができるリゾートアイランド「澎湖(ポンフー)」。まだまだ日本人には知られていない小さな島ですが、ここには数えきれないほどの必見スポットが隠されています。今回はその中から、まるで龍宮城をイメージさせる地下洞窟がある「大義宮(ダー

【台湾】澎湖(ポンフー)船の形のお土産ショップ「菊島之星」の見どころは?|玄武岩グッズと海鮮bbq 菊島之星(ジューダオヂーシン)は、巨大な船の形をしたお土産屋さんです。 澎湖の定番スポットのひとつとなっています。初めて遠目で目に

台北の空港から約50分でアクセス可能な台湾の離島リゾート・澎湖(ポンフー)。澎湖の街中には、オランダから持ち込まれたサボテンが、いたるところに自生しています。そんな澎湖の名物スイーツといえば、サボテン

台北から飛行機で50分ほどでアクセス可能な離島リゾート澎湖(ポンフー)には、美しい景色と共に味わいたい離島ならではのグルメがたくさん! この記事では、澎湖に行ったらぜひ食べたいおすすめグルメ5選を紹介します。海鮮料理澎湖に行ったらぜひ食べた

著者: Yui Imai

親日国台湾への観光ならば「澎湖諸島(ポンフー諸島)まで足を伸ばし、原付バイクでの観光を超オススメいたします。 松山空港から約50分、小型の飛行機ですぐに到着できます。トライアスロンのアイアンマンレースでも使われる場所だけあって、道路も整備され海も綺麗なリゾート地です。

台湾最大の離島・澎湖(ポンフー)在住の日本人と澎湖生まれ澎湖育ちの台湾人がリアルタイムの旅行情報を紹介しています。 サイト内のご案内 ポンフー・ブルー(Penghu Blue):住在澎湖的日本人和澎湖人寫的日文澎湖導遊網站。

澎湖県で朝食が好評なホテルをお探しなら、フォー ポインツ バイ シェラトン ポンフー、Yuan Yu Hotel、ヤリン ホテルはいかがでしょうか。 澎湖県にあるホテルの中で、ポンフー An-I ホテル、Huaxin Hotel、Hai Yue Hotelも朝食について高評価を獲得しています。

澎湖(ポンフー)は台湾の離島で、アクセスが飛行機か船のみということもあって、手つかずの自然がそのまま残っており、美しいビーチで知られています。

台湾の魅力が一ヶ所に詰まった島、それが澎湖(ポンフー)。 澎湖諸島は台湾本島の西50kmの台湾海峡にある島々です。すべての島を合わせた面積は宮古島より少し小さいくらいですが、それぞれの島の海岸線は複雑で、その総延長は約300kmもあります。そのため、澎湖は小さい島ながらも

台湾の離島「澎湖(ポンフー)」をご存知ですか?ポンフーは、台湾各都市から飛行機や船で行くことができるリゾートアイランドです。まだ、日本語も英語も通じにくい場所ですが、フォトジェニックスポットがたくさんあって女子旅にぴったりなんです!

台湾の隠れたリゾート地「澎湖(ポンフー)」をご紹介します!澎湖には、昔ながらの素朴な集落や手つかずの美しい自然が残っています。台北市内から飛行機で約1時間の場所にある澎湖。アクセスもわかりやすく解説します。老舗旅館やショッピングスポット、大自然の絶景など、澎湖の

こんにちわ!Katiです。台湾のハワイと比喩される隠れたリゾート地「澎湖(ポンフー)」へ行きたい方必見!!今回は日本から澎湖(ポンフー)へもしくは台北、高雄から澎湖(ポンフー)へ行く方法を書こうと思います。澎湖(ポンフー)へ行く手段は基本的に飛行機ですが、後述する高雄からは船も

この連載は、近年、台湾はもちろん、中国・香港などの旅行サイトで「台湾のハワイ」として紹介されている秘島・ポンフーの魅力について全5回に渡って語ります。連載第2回目のテーマはリゾートに欠かせない“ビーチ”です。ポンフーの地形が育んだ多種多様なビーチをご紹介します。

台湾の離島「澎湖」在住の日本人による旅行ガイド! 澎湖は、台湾にある美しい離島。love penghu(ラブ ポンフー)は、澎湖在住の日本人と台湾人ガイドによる、澎湖観光・旅行ガイドです。

台湾の隠れたリゾート地「澎湖(ポンフー)」をご紹介します!澎湖には、昔ながらの素朴な集落や手つかずの美しい自然が残っています。台北市内から飛行機で約1時間の場所にある澎湖。アクセスもわかりやすく解説します。老舗旅館やショッピングスポット、大自然の絶景など、澎湖の

台北から飛行機で50分ほど。台湾の離島・澎湖(ポンフー)は、美しい海や壮大な景色を眺めることのできるビーチリゾートです。台湾のハワイとも言われるほど。この記事では澎湖でおすすめの絶景観光スポットを5つ紹介します。中屯風力発電所(C) Yui

台湾の離島「澎湖」在住の日本人による旅行ガイド! 澎湖は、台湾にある美しい離島。love penghu(ラブ ポンフー)は、澎湖在住の日本人と台湾人ガイドによる、澎湖観光・旅行ガイドです。

台北松山空港を出て、松山空港から約40分。台湾の離島、ポンフー島に来ています。ポンフー島は、台北の西にある離島で、 澎湖諸島にある島です。(印がついてあるところ) ここは、台湾ではビーチリゾートの島として知られていて、台湾人曰く「海が綺麗(らしい)」とのこ

みなさんは「澎湖(ポンフー)諸島」という台湾の離島はご存知でしょうか?年間約190万人以上もの観光客が訪れ、台湾本島から西方約50kmにある台湾のリゾートアイランドです。世界でも認められている澎湖の美しさは「台湾のハワイ」とも呼ばれています。

日本人に人気の海外旅行先、台湾。 台湾は九州ほどの大きさの島ですが、7つの離島があります。 そのうちのひとつ、澎湖。 中国語読みで「ポンフー(pénghú)」。 可愛い名前ですね! 日本語では「ホウコ」と読みます。 澎湖県にある大小90の島からなる澎湖群島。

澎湖島(ポンフー)への行き方. 澎湖へは飛行機か船で行くことができますが、時間などを考えると飛行機で行くのがお勧めです。 台北の松山空港から澎湖の馬公空港(mzg)へは40分程度で行けます。

こんにちは、みみたまボーイです。台湾屈指のビーチリゾート、澎湖(ポンフー)。海の透明度は桁違いで、ただただ美しい海を楽しむためだけに訪れる価値のある離島です。また、毎年4月~6月頃にかけて定期的に花火が打ち上げられており、澎湖に行くならこの

台湾のハワイと呼ばれる澎湖(ポンフー)という離島。2カ月間にわたって開催される海上花火大会が有名なリゾート。2019年の澎湖(ポンフー)花火に参加した時の映像を紹介します。

澎湖での釣りポンフーの観光名物のひとつに『イカ釣り船』があります。が、いわば観光船なのでぶっちゃけ釣果は望めない様子。ちょっと沖へ行って釣り糸垂れて夜風に当たってイカそうめん食べるイベントみたいなので、本気で釣りたいならオカッパリか釣具屋さんなどで釣り船交渉の

「ポンフー」とは、台湾の西約50キロに位置する、大小合わせて90近くの島々からなる「澎湖諸島」のこと。ゲートウェイとなる「馬公空港」は、一番大きな本島にあり、台北から国内線で50分ほどで到着

離島でありながらも、台湾本土より早くから発展してきた澎湖(ポンフー)。外国人にはまだまだ知られていない場所ですが、この島には台湾よりもはるかに長い歴史と、台湾とは大きく異なる独特の生活様式が今でも受け継がれています。そこで今回は、澎湖の人々の生活を垣間見ることが

台湾の澎湖諸島(ポンフー)にある日本人向けの語学学習用ゲストハウス。hpで澎湖の情報を随時配信中。現地の案内やバイクレンタル、離島ツアーの予約などサービス充実。カリンのお宿(花梨客棧)で格安にプチリゾート気分をお楽しみください。

澎湖(ポンフー)は、台湾の良さがぎゅっと詰まった離島で、台湾ならではの文化や自然を一度に体験できる島です。台湾 澎湖コースなら、他ではできない海外での島暮らしを満喫できます。

2018年7月にフォーポイントバイシェラトン澎湖(ポンフー)に2泊してきました。今回の記事はその宿泊記になります。まず、澎湖(以下、ポンフー)ってどこよ?ってとこから話していきますが、ポンフーは台湾の離島です。台中の西あたり島々のことを差し

澎湖は、台湾一のリゾート島。夏場ともなれば、エアチケットを取るにも一苦労の大人気の離島です。台北から飛行機なら50分、あっという間に着いちゃいます。

台湾の澎湖島に中国語留学に行ってきました! 学校は、10年以上の歴史がある阿甘語学学校! なぜ、澎湖島を選んだ理由や、学校の施設について書いてます!

そんな台湾の離島、澎湖(ポンフー)への行き方. 離島のポンフーも日本が統治していた時代があって、今は小学校がある辺りに神社があったそうです(澎湖神社)。 日本と馴染み深いポンフーへは、台湾本島から飛行機か船で行くことになります。

難しく考えないで行ってみよう~goポンフー. 台湾の離島、海の綺麗なリゾート「澎湖(ポンフー)」に行くためには、日本からの直行便がないため、台湾国内線の飛行機または船を利用することになります。

台湾のハワイといわれるリゾートの澎湖は、比較的治安が良いエリアです。凶悪犯罪も少なく、夜でも散策が楽しめますが、暗い裏通りでの女性の一人歩きは危険です。海外であることを忘れずに、節度ある行動を心がけましょう。

2020年エントリーはコチラ 日本から約4時間のアイアンマン台湾はリゾート島の澎湖(ポンフー)で アイアンマン台湾 4月12日(日) SWIM3.8km/BIKE180.2km/RUN42.2km

その台湾のリゾート地が、 澎湖(ポンフー)島 です。 私は、澎湖島で、中国語留学していました・ 留学というと、 現地の食事を食べる のが、楽しみの一つですよ 。 私は、海外に滞在する時に、必ず事前に”食事”の情報をチェックします。 見てください

澎湖県のスパリゾート; 澎湖県のビジネスホテル 台湾 ; 澎湖 澎湖県で旅行者がおすすめしているホテルは、 ベイハウス ホステル、ペンフー モンクソール インターナショナル ユース ホステル(澎湖満客舎国際青年旅舎)、諾亞方舟民宿です。

台湾の離島・澎湖島(ポンフー)へは、日本からの直行便はないので、まず台湾本島へ行き、そこから乗り継ぎをします。 台湾国内線の航空便を利用すると、松山(台北)空港からは約50分、高雄空港からは約35分のフライトで行くことができます。

どうも’U’meです。 5月GW明けに台湾の離島リゾートと噂のポンフー(澎湖島)へ、高雄から行ってきました。 高雄からポンフー(澎湖島)への行き方は定期船か飛行機の2種類。 旅行者の場合、台湾の飛

Yui Imaiさんの台湾への旅行記「台湾の離島 澎湖島(ポンフー)への旅」です。澎湖諸島,台湾への旅が旅行記として、日記形式で記録されています。旅行記(旅のブログ)は地図とルートも掲載していますので、それをベースに旅行計画を立てることもできます。

これまで台湾からあまりイメージされていなかった「リゾート」に注目し、「世界最美麗海湾 澎湖(ほうこ)」、英語名「penghu(ポンフー)」の知られざる魅力をご紹介します。

澎湖 (澎湖諸島)(台湾)に関する旅行記・ブログ・体験記を紹介。澎湖 (澎湖諸島)への旅行の参考になるかも♪日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで澎湖 (澎湖諸島)の旅行プランを検討してみよう!

台湾旅行でリゾートアイランドの「澎湖諸島(ポンフー)」に行ってみる。(4) <おすすめの観光スポット> 「澎湖竹灣大義宮」 澎湖島には数多くの廟があるのですが、その廟の中で特に面白いのが「澎湖

台湾旅行でリゾートアイランドの「澎湖諸島(ポンフー)」に行ってみる。(1) <澎湖の行き方> 澎湖に行くにはまずは台湾本島に行かなければいけないので、台湾に行きましょう。そして台北から澎湖行き