スムーズビズ – スムーズビズ推進期間 7月22日~9月6日|東京都

東京都は、東京2020大会期間中の交通混雑緩和も見据え、交通量の抑制や分散に向けた交通需要マネジメント(TDM)やテレワーク、時差Bizなどの取組を「スムーズビズ」として一体的に推進します。

スムーズビズ推進大賞(3件程度) 最も優秀な取組を行った企業を表彰 スムーズビズ推

東京都は、東京2020大会開催期間中の交通混雑緩和に向けた交通需要マネジメント(TDM)、テレワーク、時差Bizなどの取組を「スムーズビズ」と総称し、一体的に進めることで大会時の交通混雑の緩和はもとより、新しいワークスタイルや企業活動の東京モデルの確立を目指しています。

「スムーズビズ推進期間」についてお知らせします 東京都は、快適な通勤環境や企業の生産性の向上を図る新しいワークスタイルや企業活動の東京モデルを「スムーズビズ」とし、全ての人々がいきいきと

このたび、スムーズビズの取組定着に向け、企業等の皆様に対し、多様な働き方を実践し、その効果を体感していただくため、「冬のスムーズビズ実践期間」を下記のとおり設けることといたしましたので、ご参加いただきますようお願いいたします。

時差Bizホームページに「スムーズビズからのお知らせ」更新しました。 今週は1件のお知らせを公開!お知らせは「TDM(交通混雑緩和)」と「働き方改革」、2つのキーワードから絞り込んで確認いただけ

スムーズビズの最新情報が公表になりました ・スムーズビズ推進大賞 受賞企業・団体が発表されました! ・冬のスムーズビズ実践期間~やってみよう! 2019.11.05(火) 「2020TDM推進プロジェクトのチラシ(English ver.)」の最新版を掲載しました

来年の東京大会に向けて東京都が定着を目指す「スムーズビズ」。いったいどんな取り組みか、みなさんは知ってますか?

東京都は18日、都内の企業に参加を呼びかけて今夏に実施したキャンペーン「スムーズビズ推進期間」の結果を公表し、道路の混雑緩和などで

スムーズビズの先陣を切る都庁の取り組み. スムーズビズ期間にどのような取り組みを行えばよいのか迷ったら、一先ず都庁の取り組みをお手本にするとよいでしょう。下記に都庁の取り組みについて項目と内容をまとめてみます。

[PDF]

東京都の「スムーズビズ」に連動し、田園都市線・東横線で朝6時台の臨時列車を運転 東急線の定期をお持ちの方が、臨時列車に乗車すると必ずもらえる、商品引換クーポンなどを「東急線アプリ」で配信します 東京急行電鉄株式会社

スムーズビズ キックオフイベント 「スムーズビズ」の意義を発信するとともに、企業が行う取組や都の支援策を紹介し、広く伝えることを目的に、5月29日、千代田区の丸ビルホールにおいて、「スムーズビズ キックオフイベント」が開催されました。

五輪期間中の混雑緩和のため、東京都が進める「スムーズビズ」の推進期間が7月22日から、始まる。大会期間中に国内外からの来訪者で混雑が

東京都の『スムーズビズ』とは? 「スムーズビズ」とは、東京都が推進中の、”東京モデル”と称する新しいワークスタイルや企業活動のことで、全ての人々がいきいきと働き、活躍できる社会の実現に向け、快適な通勤環境や企業の生産性の向上を図ることを目的とした取り組みとなります。

Live News α テレワークや時差出勤などをかけ合わせた社会実験「スムーズビズ」開始 NECは全社挙げてのテレワーク、東京都庁では時差出勤を開始 目的地近くの“シェアオフィス”を紹介するアプリも

スムーズビズとは、東京2020大会開催を契機に、 東京における新たなワークスタイルの実現と企業活動の形 を生み出していこうという取り組みです。主に、テレワーク、交通需要マネジメント、時差ビズを推進することで、快適な通勤環境や生産性向上を

・スムーズビズ時差通勤prのhpに会社名を掲載 参加することで会社名を即時に掲載! 会社のprにもなりますね。 【スムーズビズ】お得なポイントを貯めれる鉄道も . ココが1番嬉しい部分かもしれません。

[PDF]

「スムーズビズ」に合わせて実施する混雑緩和に向けた取組みの詳細は、別紙のとおりです。 「スムーズビズ」に合わせて混雑緩和を目的とした 取組みを実施します! 臨時列車として運行する日比谷

[PDF]

スムーズビズへ参画しております。 今年度のスムーズビズ推進期間は2019年7月22日(月)~9月6日(金)となっています。 また、東京オリンピック・パラリンピック開催期間の1年前にあた

東京都は29日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた交通網の混雑緩和への取り組み「スムーズビズ」のキックオフイベントを開いた。7月22

「スムーズビズ」は、来年の東京大会で懸念される鉄道や道路の混雑緩和に向けて、東京都が企業などと連携して混雑時間を避ける時差出勤や

東京都では、通勤時間をずらすことによって満員電車の混雑緩和を促進する「時差Biz」を常時実施中です。皆様のご参加

The latest Tweets from スムーズビズ/東京都 (@tokyo_smoothbiz). 東京都は、東京2020大会の交通混雑緩和に資する交通需要マネジメント(TDM)とテレワーク、時差Bizなどの取組を「スムーズビズ」として一体的に推進し、大会期間中の交通混雑の緩和はもとより、新しいワークスタイルや企業活動の東京

アカウントの状態: 確認済み

「スムーズビズ」は、東京2020大会の交通混雑緩和に向けた交通需要マネジメント(TDM)、テレワーク、時差Bizなどの取組の総称です。 東京2020大会期間中は、選手や大会関係者に加え、延べ1,000万人の観客等、多くの人が東京を訪れます。それに伴い、道路や公共交通機関の混雑が想定されます。

スムーズビズ推進期間 7月22日(月曜日)~9月6日(金曜日) 今年の夏 はじめよう、スムーズビズ 「スムーズビズ」は、東京2020大会の交通混雑緩和に向けた「交通需要マネジメント(TDM)」「テレワーク」「時差Biz」などの取り組みの総称です。

やはり「スムーズビズ推進期間」に入って、交通規制テストが実施されるようです。 アイキャッチ画像は、日本橋に2019年7月に設置された五輪マークのモニュメント。 街のそこここで、さらにいろいろなランドマークが増えてゆくのも楽しみです。

東京五輪まであと1年。来週から東京都は「スムーズビズ」なる、鉄道や道路の混雑緩和の予行演習を行う。しかし、驚くほど広報されておらず

(1) 当ホームページ上に貴社名を掲載させていただきます。(7月以降掲載予定) (2) 東京都からスムーズビズのイベント情報や、東京2020大会時の混雑予測情報、働き方改革に関する情報などをお知らせ

大京グループは、2019年11月25日(月)~29日(金)の一週間をスムーズビズ実施期間と定め、一都三県にてテレワークを中心としたトライアル勤務を実施しますので、お知らせいたします。

東京都の小池百合子知事が、就任3年になるのを前に産経新聞のインタビューに応じ、交通混雑の緩和につながるスムーズビズについて「東京五輪

東京都は2019年11月18日、都内の企業に参加を呼びかけて今夏に実施したキャンペーン「スムーズビズ推進期間」の結果を公表した。道路の混雑緩和などで成果が出たと明らかにした。

都は、これまで進めてきた交通混雑緩和に資する交通需要マネジメントや働き方改革につながるテレワーク、快適通勤の実現を図る時差ビズなどを「スムーズビズ」として、一体的に取組を始めました。 (小池知事/2月

スムーズビズ集中取組期間の7月22日~8月2日、8月19日~8月30日は、15ポイントプレゼント ※ 1日に複数回参加されてもオフピークポイントは1回分のみとなります。 ※ 列車の遅延などによりポイントを付与できなかった場合の補償はいたしません。

[PDF]

Jul 11, 2019 · 西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久)では、東京都が設定する“スムーズビズ”推進 期間(2019年7月22日~2019年9月6日)にあわせて、「スムーズビズ応援キャンペーン」を実施します。

京王電鉄(本社・多摩市)は7月22日から、都が出勤と退勤の時間を早めることなどを推奨する「スムーズビズ」期間に合わせ、新宿駅発の座席

飯田)そうですね。スムーズビズと言うね。 鈴木)これはオリンピックでなくても、東京が抱える都市問題としてやらなければいけなかったことです。テレワークというものは、働き方改革で行わなければ

コニカミノルタジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原口淳、以下、コニカミノルタジャパン)は、東京都がスムーズビズ推進期間中に意欲的・先進的なスムーズビズの取り組みを表彰する「スムーズビズ推進大賞」において、「スムーズビズ推進賞」を受賞したことをお

「スムーズビズ」に合わせて混雑緩和を目的とした取組みを実施します! 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会会場最寄駅でのtdm施策

東京都の小池百合子知事が、就任3年になるのを前に産経新聞のインタビューに応じ、交通混雑の緩和につながるスムーズビズについて「東京五輪

東京五輪まであと1年。来週から東京都は「スムーズビズ」なる、鉄道や道路の混雑緩和の予行演習を行う。しかし、驚くほど広報されておらず

ビズリーチの面談確約スカウトについて懐疑的になっていませんか?この記事では面談確約スカウトを受け取る方法や実際に受け取った体験談を紹介します。面談確約のスカウトを受け取りたい人はぜひご

「スムーズビズ」は、交通需要マネジメント(TDM)やテレワーク、時差Bizなどの取組を一体的に推進し、新しいワークスタイルや企業活動の東京

2020年に開催予定の東京五輪。今年、大会実施に向けて「スムーズビズ」という新たな取り組みが発表されました。”通勤ラッシュ時の公共交通機関利用をさける”という方針には、多くの人が注目している様

e-Janネットワークス、スムーズビズ推進賞を受賞 ~参加率98.8%を達成したテレワーク・デイズ2019への参加結果を公開~ – プレスリリース

テレワーク・デイズ2019&スムーズビズ推進期間 プレイベント 参加申込受付開始. 2019年6月7日. 7月1日(月)に開催する「テレワーク・デイズ2019&スムーズビズ推進期間 プレイベント」について、本日より参加申込の受付を開始しましたのでお知らせします。

4.「スムーズビズ」とは. 東京都による、テレワーク、時差Biz※4、交通需要マネジメント(TDM)などを一体的に推進する取り組みです。交通混雑緩和、多様な働き方の実践などを後押しする施策と位置づけられています。 「スムーズビズ」公式Webサイト

東京都が物流や人の移動における混雑を減らすための「スムーズビズ」という取り組みの一環として、新宿の本庁舎で働く職員に対し、22日から26日にかけて朝の通勤ラッシュ時となる8時から10時の間公共交通機関を利用しないことを推奨する試みを行っている(nhk)。

[PDF]

スムーズビズに合わせて時差Biz快適通勤利用促進「乗得ポイントキャンペーン」を実施! 東武鉄道では、東京都が推進するスムーズビズに合わせて、快適通勤を応援する時差Biz快適通勤利用促進「乗得ポイ ントキャンペーン」を実施します。

東京メトロは2019年7月22日(月)から7月31日(水)までの平日の8日間、日比谷線、半蔵門線、南北線の3路線で、「スムーズビズ」の取り組みの一環として、早朝時間帯に臨時列車を運転します。

“スムーズビズ推進”意欲的な企業を表彰 nhk総合【首都圏ネットワーク】|JCCテレビすべて 来年の東京オリンピックパラリンピックで懸念される鉄道や道路の混雑緩和に向けて、東京都はスムーズビズを推奨している。具体的には、企業などと連携して時

[PDF]

本社勤務者を対象に、「スムーズビズ」に取り組みます 2019年7月18日 日本信号株式会社 日本信号は、柔軟な働き方の推進及び、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以

総務・人事・経理に関する最新ニュースを毎日配信。最新ニュース nttコミュニケーションズ、「スムーズビズ」と「テレワーク・デイズ」へ参加。自社サービスを活用した働き方改革とは。オフィスのミ

「スムーズビズ」に合わせて混雑緩和を目的とした取組みを実施します! 2019年7月1日 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、2019年7月22日(月)から実施される「スムーズビズ」に合わせて、主に通勤時間帯の混雑緩和を目的とし

連合東京スムーズビズ調査結果(最終).pdf [ 1.63 MB ] カテゴリー: 政策・制度: 説明文: 1.調査の目的 東京2020大会に向け、交通緩和やテレワーク、時差Bizなどの取り組み状況や課題を把握し、都への政策要望とするため。 2.調査方および調査対象、回収状況

2019年7月22日(月)から実施されるスムーズビズに合わせ、快適通勤を推進する「時差Biz」の取り組みとして7月24日(水)、8月21日(水)の朝、特別プログラムを実施いたします。 手ぶらで来訪可能なレンタルマット・レンタルウエア付きで税込1,000円の特別価格!

東京メトロと東京急行電鉄は1日、東京都のテレワーク・2020TDM推進プロジェクト・時差Bizを総称した「スムーズビズ」に合わせ、おもに通勤時間

scsk株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 scsk)は、「テレワーク・デイズ2019」および「スムーズビズ」に参画することをお知らせします。「テレワーク・デイズ」には2017年度から特別協力団体として継続して参画しており、今回は3回目と

皆さん「スムーズビズ」って知ってますか? 東京都が来年のオリンピック時の道路や交通機関の渋滞を緩和するために ・朝8時から9時の間に出勤するのは控えましょう(時差出勤) ・なるべく家で仕事しましょう(テレワーク) の2つを主に提唱してるんですね。

「スムーズビズ」公式Webサイト https://smooth-biz.tokyo/ ※3「時差Biz」とは、東京都が提唱する、通勤ラッシュ回避のために通勤時間をずらす働き方改革のひとつ。 本件に関するお問い合わせ先 NTTビズリンク株式会社 経営企画部 人事・人材開発担当

「スムーズビズ」東京五輪後も継続へ 混雑緩和、真の狙いは企業経営の効率化 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト